食べて満足、京都のグルメ。

京都は修学旅行などで、どなたも一度は訪れたことのある街でしょう。学生時代では若すぎて、京都の魅力を存分に知ることができなかったことも、年齢を重ねてみると、京都の魅力が手に取るようにわかります。 年齢を重ねると、和食の美味しさがわかるようになり、わびやさびというものが理解できます。料理でも、若いときは、ジャンクフードや味の濃いものが好まれますが、人は色々経験を積むと、素朴な味わいのものに惹かれていきます。 京都で湯豆腐や湯葉などをしっぽり味わうのが大人の醍醐味であると言えるでしょう。おやつに、八つ橋の和菓子を食べて、古き良き日本を肌で感じられます。和食や和菓子の魅力が最大限に吸収できるのが京都です。

京都で神社巡り。日ごろの疲れを取ろう。

京都は寺社仏閣の街です。大人になると、その味わい深さが日に日にわかるようになります。特におすすめは、東山区の蓮華王院・三十三間堂です。国宝に指定されている、千手観音坐像を見ることができます。圧巻とした造りとそのオーラにひれ伏してしまうほどです。穏やかで温和な表情の像を眺めると、心が表れます。重文に指定されている、千体千手観音立像も同時に圧巻されます。そのスケールの大きさに、仏像の博物館に来たかのような気持ちになります。 清水寺は外国人も多数集まるスポットとなりました。紅葉のシーズンに行くと、ライトアップされた紅葉が素晴らしく絶景が見られます。カップルや家族で訪れても記念になりますし、心身共に癒されます。